新型コロナウイルスの脅威にさらされている現在、100年前のスペイン風邪など過去の感染症に対する関心が高まっています。当時の人たちが何を考え、どのように暮らしを工夫し、感染症に立ち向かっていったのかということから、100年後の私たちも多くのことを学べます。そして私たちの記憶も、100年先、200年先の未来において感染症と戦う人たちを勇気づけられるのではないでしょうか。
 今回、(仮称)豊田市博物館の中心的取組である「記憶の収集と継承」の一環として、市民の皆さまから「コロナの中の暮らしの記憶」を集め、未来へと継承するとともに、企画展「スペイン風邪とコロナウイルス」の中でその一部を紹介させていただきます。


募集要項


◆募集期間: 令和2(2020)年11月29日(日)まで
◆募集内容:①日々の暮らしに関わる記憶
      ②仕事に関わる記憶
      ③学校に関わる記憶
      ④ステイホームの過ごし方に関わる記憶
◆募集方法: 会場で「記憶カード」に記入して頂くか、下記「投稿するボタン」より応募ください。
※投稿いただいた記憶の一部を会場または当ページ内で紹介させていただきます。



投稿内容一部紹介(一覧を見る)

コロナウイルスで学校が休みになりました。友達に会えないし、授業も遅れるばかりで宿題も全く分からなくなりました。
仲が良い友達と分散登校で、学校に行けたのに会えないという状況でした。


ぼくは、臨時休校中、家で勉強していました。家だと友達も先生もいないから楽しくありませんでした。
休校が終わっても、コロナは続いているので、早く終わって欲しいです。


誕生日なのに外に出られずプレゼントを買う予定が無くなったのを覚えています。
宅配で運んでもらうことになり、誕生日の三日後、家族だけで誕生日会をしたのを覚えています。


休校で学校に行けなくなりました。友達とも遊べず、ボイスチャットでゲームをしたことを覚えています。
家に居るのは退くつでした。